当ブログのWordPressテーマはこちら→公式サイト

【ムーミン】ARABIAマグとムーミンの名作で過ごす幸せな過ごし方

(スポンサーリンク)

ムーミンワールドはフィンランドの夏のリゾート地として有名なナーンタリという港町にある小さな島を丸ごと使ったテーマパークです。

ムーミンに登場するキャラクターが出迎えてくれて、ムーミンの住むムーミン屋敷などが見事に再現されています。

また、日本人からも多くの観光客が訪れることから、フィンランド語や英語と並んで日本語の表記もあるのが驚きです。

日本でも埼玉県飯能市にある『ムーミンバレーパーク』が2016年にオープンしてから多くの層から人気ですよね。

ムーミンカフェやムーミンマーケットなどグッズも多いし、知れば知るほど奥が深いムーミン!

今回はムーミンを楽しみ心地よい時間の過ごし方を紹介したいと思います。

この記事でわかること

  • ムーミンの世界観を知るのにオススメの本
  • ムーミンのオススメのマグ
  • 北欧に学ぶ心地よい時間の過ごし方
この記事を書いたのは
  • 子育てしたアラフィー
  • 英会話教師
  • 趣味 ムーミンの研究
  • 趣味 おいしい食パン探し
ポリ子です

(スポンサーリンク)

目次

ムーミンのお話オススメ3選

ムーミンのキャラクターは親しみを持っている方は多いと思います。

インテリアのグッズや大人のアートとして最近はとても人気です。

ムーミンのお話は子供の頃に見ていたアニメの印象が強いと思います。

実際に、本で読んだことのある方は少ないのではないかと思います。

そこで、ムーミンの原作本を手に取ってまず読んでいただきたいのが『ムーミン谷の冬』です。

ムーミンは暑さが苦手で冬眠すること、ご先祖様がいたなど、新たな発見が多くあります。

読んでいくうちに知らないムーミンがどんどん出てきます。

それで興味をわいた方は他のタイトルを読んでみていただきたいと思います。

そうはいうものの人気のあるお話がたくさんあるので、タイトルを見て自分が読んでみたい!と思ったものから読んでいくのが、いちばん楽しいのではないかと思います。

ムーミンの本は9巻あるのですが、オススメの3冊を紹介します。

  • ムーミン谷の冬】みんなが冬眠してしまってるところでムーミンが冬を乗り越えるお話ですが、静かな冬の情景が大好きです。おしゃまさん、ご先祖様など個性的なキャラクターも出てきます。
  • たのしいムーミン一家】キャラクターのことを知りたくて読みました。中でもニョロニョロと出会うお話が大好きです。アニメでは思わなかったのですが、原作ではニョロニョロニョロがかなり不気味です。
  • ムーミンパパの思い出】これを読んでキャラクターの中でパパ推しになりました。自分の過去を記すために思い出の記を書き始めるのですが、パパの生い立ちがとても衝撃で、一気に読んでしまいます。

オススメのムーミンマグカップ

ARABIA限定マグカップ

ムーミンのグッズは本当にたくさんあるのですが、私はコーヒーが大好きなのでどうせなら毎日飲むコーヒーカップを大好きなムーミンでそろえてみよう!と思いました。

お店ではたくさん売られているのですが、なかなか気に入ったコップに巡り会えない…

そんな時にふとフィンランドの陶器をたくさん揃えているARABIAのお店を覗いてみました。

すると、ものすごい種類のムーミンマグやお皿が並んでいます!しかもお話に出てくるそれぞれのキャラクターだけのデザイン。

どれを選んでいいかわからないぐらいの種類だったのでまずはこの二つを選びました。

ミムラ夫人と2018夏限定マグです。

ミムラ夫人はミイとミムラねえさんのお母さんなのですが、たくさんの子供がいながら前向きでマイペースなお母さん、というキャラクターが大好きなので選びました。

色もトルコブルーで素敵です。

2018夏限定マグは〜バカンスへ行こう〜(Going to vacation)がテーマ。

毎年夏と冬に発売される季節限定マグは2006年から続くシリーズです。

2018年は夏休みをムーミン一家が夏休みに島へ行こうとしている様子が描かれていて、朝から元気になれそうなので選びました。

限定マグカップはその時だけのオリジナルデザインなので、毎年チェックしています。

ふるさと納税の限定 有田焼マグ


ムーミンバレーパークのある飯能市のふるさと納税ではムーミングッズが返礼品で選べます。

日本の有田焼とムーミンのコラボはすごい!と思い、選びました。

このマグカップは2021年度のふるさと納税返礼品では取り扱っていませんが、ムーミン×有田焼のシリーズは他にもたくさんあります。

有田焼の良いところは陶器なのに薄くて軽く、丈夫なところ。毎日使うコーヒーマグにはぴったりでした!使えば使うほど味が出てくるので、お気に入の一つです。


2021年度の埼玉県飯能市のふるさと納税では、ムーミンバレーパークオリジナルARABIAマグ300mlに変更になってます。

寄付金15,000円です。


ムーミンマーケット限定マグ


ムーミンを調べていて毎年ムーミンマーケットというものが全国で開かれていることを知り、行き始めました。

ムーミンマーケットでは毎年限定デザインのマグが発売されます。

テーマが毎年違うのでデザインも毎年違います。なのでついつい買ってしまいます…😅

2020年のデザインは『ムーミン谷の彗星』をイメージしたデザインで色がとてもキレイです🌟

原作のイメージ通りで使うのがもったいないのでディスプレイとして楽しんでいます。


シリコンカップカバー

マグカップではないのですが、コーヒーのお供に持っておきたいシリコンカバーもご紹介。

どちらもスナフキンのマグカップです。

ポリ子

ムーミンが好きということを知っている生徒さんからいただきました

スナフキンとムーミンがゆるくて癒されます。

シリコンカバーはコーヒーや紅茶を飲むときにとても便利だと思います。

仕事のデスクで使っているとホコリも気になるので、すぐに全部飲めないときにとてもオススメです😆

ムーミンコミックス展のオススメグッズを紹介しています

ムーミンから学ぶ“ヒュッゲ”とは?


北欧・デンマークの言葉で「人と人とのふれあいから生まれる、温かな居心地のよい雰囲気」という意味の言葉です。

つまり、日常生活で心が豊かになったり、幸せを感じたりすることですね。

幸福度の高いデンマークの文化には日常を豊かに暮らすヒントがたくさんありそうです。

ムーミンのお話に出てくるパンケーキをフルーツたっぷりのソースをかけて食べるだけで幸せになれそうですよね!

そしてお話にはお友達や家族と何気ない日常のがたくさん出てきます。

ムーミンから学べる究極の“ヒュッゲ”とは、自分が心地よいと感じることができる時間や環境を得ることではないか、と思います。

まとめ

ムーミンは子供向けのお話と思っていましたが、大人にとっても生活の豊かさとは何か?を学べる深いお話がたくさんあります。

お気に入りのマグカップでコーヒーを飲み、ムーミンを読みながら日々の忙しさを忘れて気持ちをリセットするのも、大事かもしれませんね!

最後に、ムーミンママのステキなセリフをご紹介します。

『ねえムーミン、ともだちが、いちばん好きなことをしながら生きていけるようになるって、素敵なことじゃない?』

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる