当ブログのWordPressテーマはこちら→公式サイト

【幼児】フォニックスのルールを知って英語を楽しく!おすすめDVD

(スポンサーリンク)

幼児期の英語はとにかく『楽しく学ぶ』が基本です。

絵本やオンライン学習、今はいろんな方法で学習をすることできるので迷いますよね。

どの家庭にも取り組みやすいのはやはりDVDを使った学習方法

今回は英語を学ぶときに一番必要な『フォニックス学習』に特化したDVDをくわしくご紹介します。

この記事でわかること

  • 幼少期から英語を学習をするのにフォニックスが大切な理由
  • フォニックスを身につけるのにおすすめなDVD
  • DVDを使って楽しくフォニックスを学習する方法
この記事を書いたのは
  • 英会話教師 キャリア20年
  • キッズ教育の経験豊富
  • 英語子育て経験あり
ポリ子です

(スポンサーリンク)

目次

なぜフォニックス学習が必要なのか

フォニックスは英語圏の子供達が言葉を習得するときに活用する学習方法です。

一言で言うと『文字と音のルール』で、この学習法を知ることで聞く、話す、読む、書くの4技能を効率よく習得できます。

幼児期からこのフォニックスを知って英語を学ぶとメリットがたくさんあります。

フォニックスを知ることのメリットは

  • 知らない単語でもスペルを見ただけで正しく音読、発話できる
  • 知らない単語でも耳で聞いただけでつづりがわかり、正しく書ける
  • 発音に自信がつく

幼児期は聞いて話すことが中心ですが、年少ぐらいからは書くことにも興味が出てくるので

読む、書くの力も同時につけていきましょう。

フォニックスの学習方法についてはこちらに詳しく解説しているのでご参考ください。

フォニックスが学べるおすすめDVDベスト

My Best English DVD3巻セット

フォニックスを活用したアルファベットや色、数を学べる3巻セットです。

アメリカの幼稚園や小学校で実際に英語学習の補助教材として使われています。

英語圏の子どもたちが母語を学ぶときに使う学習内容なので効果は高いですよね!

どのDVDも海外の文化を感じられるよう、実写映像を使っているのもGoodポイント。

対象は1歳〜小学校低学年です。

DVD① アルファベット(フォニックスで学習)

アルファベットをフォニックスの読み方で学んでいきます。

ネイティブの女の子とペンギンのキャラクターが会話をしながら楽しく進んでいきます。

質の良い英語を聞くことで正確な発音を身につける上でとても大切です。

たとえばBの紹介では、『ビー、ブ、ブ、ブ、ビー』と文字と音の違いを耳と目から習得していきます。

bのつく単語(bee、bananaなど)が繰り返し出てくるのもポイントです。

聞いているだけでいつの間にか自分でたくさんの単語とアルファベットを聞き取れるようになります。

DVD② カラー(色と単語を学習)

赤、青、黄色、緑、茶、オレンジなどの基本10色と関係のある単語を学びます。

これも女の子とペンギンのキャラクターのやりとりが面白い!

色の単語は実写で出てくるので実生活とリンクしていて覚えやすいです。

たとえばRedを学ぶときはstrawberryなど赤いものが出てきます。

そのあとred bikeや red appleなど『赤い〇〇』のように、言葉をどんどんつなげて発話数を増やせます。

DVD③ ナンバー(数と会話を学習)

20までの数や序数(1番目、2番目など)を学びます。

ただ数だけではなく、時計の読み方や足し算、引き算も英語で学べるところはポイントが高いです。

ここではネイティブの男の子とペンギンのキャラクターが楽しく会話を広げてくれます。

数を学ぶ上でとても大切なものはやはり、単数と複数を知ること。

このDVDでは『 one dog、two dogs』のようにどちらも同時に学べるので自然に数の数え方を覚えてしまいます。

どのDVDもBGMがモーツァルトなのもGoodポイント。モーツァルトの音楽は学習効果が高いと言われています。

モーツァルトの音楽には音の特性として高い周波数の音とゆらぎ(川の流れの音など)や和音が豊富などがあります。モーツァルトの音楽を聞くことで脳機能が活性化され、会話を聞き取る力や会話をする力をめることができます。

このDVDのGoodポイントはたくさんありますが、Badポイントもあります。

画像が少し古いので、アニメやはっきりした色を好む方には不向きです。

このDVDはフォニックスを学べてネイティブの自然な発音で単語や表現を学べる英語を初めて学ぶお子さんにはおすすめのDVDです。

コバ太郎

楽天のEIGODEN(英語伝)で購入するのをおすすめします。今ならマイベストイングリッシュ【特典付】を選ぶと購入特典でNHK Eテレで大人気の『うっかりペネロペDVD』がついてきます。

Pinkfong Fun Phonics for Kids

Pinkfong(ピンキッツ)は韓国初の幼児、子供向け教育ブランドスマートスタディが展開しています。

ピンキッツの魅力は歌に合わせて楽しく勉強できること。

Fun Phonics for kidsはとにかくリズミカルな音楽が特徴なので、子供たちは自然に英語の音を覚えてしまいます。

特に歌でフォニックスと日常英単語を習得できるのが大きなポイント。

フォニックス入門にはおすすめの1本です。

対象年齢は0歳から8歳なのできょうだいで使うこともできてお得ですね!

Fun Phonics for kids のGoodポイント

  • 子供が好むキャラクターが面白い
  • 画像が原色で子供の興味をひく
  • リズムでフォニックスのルールを覚えられる
  • 1曲が2分なので飽きない
  • スクリプト(英語の音声を文字にしたもの)付きなので保護者にも安心

たとえば、Aを紹介するときはalligator(ワニ) apple(リンゴ) ahchoo(ハクショーン) ants(アリ)の単語を紹介しています。

Aのフォニックス読みは『ア』なので、その音を何度も『BINGO』の歌にのせて聞くことができます。

面白い絵とリズミカルな音で流れてくるので子供たちは集中して聞きますよね。

アルファベット26文字の音と、母音の音、二重子音の音、消えるEの音などのフォニックスの大事なルールをこのDVDでは楽しく学べます。

コバ太郎

英語の歌のDVDはたくさんあるのですが、フォニックスにフォーカスした教材は少ないです。リズミカルな音で流れてくる歌詞を繰り返し口ずさんでいくうちに、きれいな英語の発音が自然と身についていきます。

このDVDはYou Tube動画で見ることもできますが、フォニックスを学ぶことを目的とするならAからZまで並んでいて順を追って学べるDVDをおすすめします。テレビなどの大きな画面で親子で見ることもできるのもDVDのポイントです。

DVD教材の上手な使い方

ポリ子

DVD教材はお家でルールを作って取り入れましょう

DVD教材はオンライン学習やスクールでの学習よりも手軽で始めやすいのでおすすめの学習方法。

ただ、テレビの画面を見続けることになるのでルールは必要です。

DVDは長時間見ない

テレビは双方のやりとりがないので会話や、コミュニケーションが発生しません。

子供がひとりで見続けるような状況は避けましょう。視聴時間は1日2時間以内が推奨です。

▶︎対策 保護者が一緒に同じものを見て共感してあげることが大事です。

一緒に歌ったり、発話することでお子さんも『英語は楽しい!』と感じることができます

DVDを聞き流しで使う

画像をずっと見る必要はないので、何かの作業をするときや他の遊びをしているときのBGMで使うこともおすすめ活用方法の一つです。

子供は同じ音やリズムが大好きなので、聞き流しでも英語のイントネーションを覚えてしまうぐらい。効果は大きいです。

DVDは夜は見ない

テレビの画面からも弱いもののブルーライトが放出されます。幼少期は大人よりもブルーライトの影響を受けやすいとされていて体内のリズムに影響がでて睡眠の妨げにもつながります。

特に幼少期は夜泣きの原因にもつながるのでお昼に活用しましょう。

そして睡眠中は成長ホルモンが出ますし睡眠は記憶の定着にもいいといわれています。睡眠は子どもの能力を伸ばすことに良い影響を与えます。

フォニックスDVD まとめ

ポリ子

英語をお家で始めるにはまずは『フォニックスのルール』を知ることです

ご紹介したDVDはこんな方におすすめ

  • フォニックスを幼少期から身につけたい
  • 親子で手軽に楽しめる教材から始めたい
  • 英語を習っているけど単語を読めない

もう英語を習ってるけど単語が読めない、発話が上手にできない時にもおすすめです。

フォニックスを学び直すと英語がもっと楽しくなります。

文字が読めると単語も読める!単語が読めると単語をかける…。

英語の4技能は全てつながっているので、できることをどんどん増やしていきたいですね!

ポリ子

The possibilities are infinitive!
可能性は無限大だよ!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる