当ブログのWordPressテーマはこちら→公式サイト

【小学生】1・2年生でやっておきたい英語のおすすめ学習をステップで解説

(スポンサーリンク)

小学校3・4年生で英語が外国語活動になり、5・6年生で英語が正式教科になっています。

これに対応するために何をすれば良いか不安に感じられている保護者も多いのでは?

また「小学校の英語教育だけで本当に大丈夫なのだろうか」と思われている保護者もいると思います。

英語は何よりも取りかかりが大切です。

今回の記事は、小学校1年生・2年生で出来る英語の学習方法について、キッズ教育の経験から効果的な学習方法を紹介していきます。

小学生から英語に親しんでおくと苦手意識がなく、これからも楽しく学べますよね!

子どもに英語を好きになって欲しい』と思われている保護者のヒントになれば嬉しいです。

この記事でわかること

  • 小学校1・2年生の英語学習のステップ
  • 聞く・話す・読む・書くを伸ばす方法
  • 小学校1・2年生におすすめな英語オンラインテストについて
この記事を書いたのは
  • 英会話教師 キャリア20年
  • 英検®︎・受験対策の経験豊富
  • 英語子育て経験あり
ポリ子です

(スポンサーリンク)

目次

STEP1「聞く」「話す」力を楽しく身につける

小学校1・2年生は英語の音をそのまま聞き取り発話できる「英語耳」のゴールデンエイジの最後の学年と言われています。

小学校の中学年以上になると、英語から日本語への理解を求めるようになるので英語をそのまま吸収することが難しくなります。

また、1・2年生は歌や英語の絵本などの絵や音楽から楽しく英語を学べるので、音のリズムを身につけることが出来ます。

楽しく英語の学習をスタート出来るとその後の学習がスムーズに進められますよね!

「聞く」「話す」力を身につけるためにはDVDやオンラインで画像のある学習教材を使うと効果的です。

最近は小学生用のオンライン教材がたくさんあるのでどれが良いのか選ぶのが難しいですよね。

出典:Rakuten ABCmouse
ポリ子

オンライン学習のおすすめは『楽天ABCマウス(Rakuten ABCmouse)』です

楽天ABCマウス本格的な「英語脳」を育てよう
  1. 科学的に開発された学習カリキュラムで、単語やフレーズを学んで発音を練習する
  2. 学習するとチケットがもらえるので、チケットを使って歌やパズルゲームを楽しむ
  3. 子供の進捗状況を確認して親がほめてあげて親子で成長を実感できる
  4. この学習サイクルで単語や英語表現をゲームを通して楽しく学ぶことができます

英語が学べるたくさんのアクティビティが使い放題です。1年プラン(12ヶ月)は14,800円、1ヶ月プランは1,980円で両プランとも「2週間の無料体験期間」つき!です。

楽天ユーザーIDがあれば登録は簡単。

1アカウントできょうだい3人まで登録して利用することもできるので、とてもお得に英語を学習することができます。もちろん楽天ポイントも貯まります。

\ 2週間の無料体験 /

楽天ABCマウスの公式ホームページ3~8歳のお子様向けアメリカNO.1オンライン英語教材【Rakuten ABCmouse】をクリックしてご覧ください。

また、こちらの記事で楽天ABCマウスについて、わかりやすく解説しているのでご参考ください。

STEP2「読む」「書く」学習スタート

読み書きは文字→単語→文章の順に書く力をつけることがポイントです。

英語の26文字にはそれぞれ音の音があり、その組み合わせの音のルールを知ることで単語の読み書きができるようになります。

この音と文字のルールを『フォニックス』といいます。

このルールを知ることで知らない単語を読んだり書けるようになるので、英語を学ぶ上ではぜひ習得したいですよね!

フォニックスのルールは幼児ならばDVDやCDで、小学生以上であればテキストとCDがセットになったものを使うと効果的です。

ポリ子

フォニックスのおすすめテキストは『小学生のフォニックス①〔CD付き〕』です

¥1,815 (2021/07/24 16:01時点 | Amazon調べ)

このテキストはフォニックス指導のパイオニア『松香フォニックス研究所』のもので、とにかく詳しくわかりやすい。

英語が初めてのお子さんももちろん、保護者の方にもフォニックスを知っていただくには最適のテキストです。

フォニックスがわかると単語も読めて文章を読み書きできるようになるので、まずはこの1冊を使って26文字の音のルールを身につけていきましょう。

単語が読めるようになると、自分で単語の意味を調べたり書いたりしてみたくなります。

その時にはその学習をサポートできる英語辞典が大活躍。

まだ音から英語を吸収できるので、タッチペン式の英語辞典がおすすめです。

コバ太郎

小学えいご絵じてんは800単語で対象年齢は5歳〜12歳。ドラえもんの英語辞典は2350単語なので少し早いかもしれません。ドラえもんのキャラクターが出てくるので大人が見てもついつい引き込まれる辞書です。

ポリ子

I love dorayaki.

出典:小学館ch

STEP3 オンラインテストにチャレンジ

英語学習の成果は目に見えないので半年から1年ぐらいになると中だるみの時期がやってきます。

せっかく始めた英語学習が中途半端になってしまうのはとてももったいない!

大人もそうですが目標もなく英語学習を進めることはとても難しいことです。

子供にとって身近な目標はやはり資格試験ではないでしょうか。

海外で英語を使う仕事につきたいとか、英語のテストでいい点を取りたいとか具体的な目標を作ることができるのは小学校5・6年ぐらいからだと思います。

1・2年生のお子さんには取り組みやすい英語の資格試験を1年に1度は受験することが効果的です。

1年の成果を見てあげることで学習意欲もグッと上がります。

小学生で英語の資格試験を受験するメリットは

  • お子さんを褒めるポイントが増えて親子で楽しく英語学習を続けられる
  • 資格試験にはステップがあるので次のグレードや級を目指すことで学習意欲が上がる
  • クリアすることで達成感がある
  • テストの経験値が増えて高学年や中学生になった時に焦らない

Good ポイントがたくさんありますね!

実際、英語を始めて1年経ったお子さんには資格試験をおすすめしているのですが、やる気もアップして英語の力も比例してどんどん伸びています。

出典:英検ジュニア®︎
ポリ子

1・2年生におすすめの資格試験は英検ジュニア®︎オンラインテストです

このテストはお家のパソコンやタブレットを使ってオンラインで受験できます。

個人で申し込んで受験日を自分で設定できるのでとても取り組みやすいですよね。

テスト前にはオンラインラーニングでテストの準備もできるので安心して受験できるのもGood ポイントです。

テストもゲーム形式で楽しく取り組めるのでぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

まとめ:小学校1・2年生の英語学習のステップ

小学1・2年生は「英語耳」のゴールデンエイジなので英語学習を始める大切な時期です。日本語と英語では使う音の種類が違うため、この時期に英語の音にふれるメリットは大きいです。

楽しく英語を学ぶステップは

  1. オンラインの画像付きで「聞く」「話す」学習から楽しくスタート
  2. 文字が読めるようになったらフォニックスのテキストを使って「読む」「書く」学習スタート
  3. 1年に1度はオンラインテストを受験するなど目標をもつ

2020年度から英語が小学校に正式に導入され、英語に興味を持っているお子さんも増えてきました。

これから始まる英語学習の道のりを楽しく、目標を持って進んで欲しいと思います。

小学校1・2年生の英語学習には保護者のサポートがとても大切なので、ぜひ一緒に英語を楽しんであげてくださいね!

ポリ子

Practice makes perfect!
継続は力なり!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる