当ブログのWordPressテーマはこちら→公式サイト

【中学生】小学校の英語との違い|定期テストに先手を打つ!

(スポンサーリンク)

2020年度から小学校で英語が本格的に導入されました。

小学校では3・4年生で英語が『外国語活動』として、5・6年生では『正式教科』として全面実施され

扱う単語も600〜700語になっています。

小学校の英語は楽しく学ぶことがポイントなのでペーパーテストもリスニング重視です。

でも、中学英語には定期テストや模試もありますよね…。

今回は中学英語をどのように勉強したら良いのかを詳しく解説しています。

この記事を書いたのは
  • 英会話講師 キャリア20年
  • 英検・受験対策の経験豊富
  • 英語子育て経験あり
ポリ子です

2021年度は中学校では新学習指導要領が導入され教科書も全改定されました。

扱う語数も今までの1200語からぐんと増えて1600語〜1800語となっています。

コバ太郎

教科書は全面改訂になるのかな?

ポリ子

なります。中学生は学習メニューが変わって戸惑うかも

(スポンサーリンク)

目次

小学校の英語のイメージとのギャップ


小学校に英語が入ることで単語量は格段に増え、文法も少しずつ前倒しになり中学校3年生では高校で習う仮定法も入ります。

小学校のテキストは絵が多くて楽しそう…と思いきや自分のことを表現する事が目的なのでいろんな時制も入っています。

6年生の英語


6年生の場合は「昨日何したの?」のように話を広げていくので過去形も出てきます。

難しそうですが、聞く、話すが中心なので英語は楽しいな❗️と思える小学生英語。

あと、英語圏以外の外国人の先生も多いので子どもたちにとっては色んな国に興味を持つ良い機会になると思います☺️

コバ太郎

グローバル化に対応する人材や社会貢献できる人材を育てる流れなんだろうね

中学校の英語


良いことが多い小学校英語ですが、その後の中学校英語とのギャップに戸惑う中学生も多いです。

中学英語は当然定期テストがあります。

成績はペーパーテストの比重が高いです。

リスニングは出来るけどつづりが書けない

そもそも文法がしっかり学べてないのにBe動詞も一般動詞もいっぺんに出てくる。

テストは2ヶ月毎にやってくる…😮‍💨

ここまで読むと、英語って大変だな…と思うかもしれませんが、単語と表現を覚えればテストもかなり楽になります👍

中学英語はとにかく単語を正しくかけることが鉄則です。

特に1年生のテストは単語を正しくかけるか?に焦点を当てています。

効果が出る3つの取り組み

実際に,どういう学習方法をしたら良い結果が出るか。3つのポイント


①毎日授業に出でてくる単語

その日のうちに覚える。

これをすることでテスト前に膨大な単語や表現をその時に覚えなくても良くなります。

他教科にも時間を使わないといけないので、英語はとにかく毎日やっておいたほうが効果があります。

➁学校の教科書の音読

公立の場合は教科書から出る問題が多いので、基本の文章は丸覚えするぐらいのほうが安心です。

音源は教科書ガイドのCD(2000円〜)を使うと良いです。

教科書と同じ教科書ガイドを選ぶ必要があります

少し高いのですが、毎日使うことで音にもなれるしネイティブの発音を繰り返して発話することで耳から単語や表現を覚えることができます。

学校の定期テストは基本的に暗記が8割ぐらい。

最近作文が入ってきてるけど作文の型を覚えればほぼ書けるようになりますよ👍

こちらは実用英検®の勉強方法の時に後日お伝えしたいと思います。

③学校で使うワーク

徹底的に取り組むテスト範囲にあるワークのページは自学ノートなどに何度もやっていきましょう。

丸ごと出ることも多いので、他の問題集に取り組む前にまずこれをやることが先決です。

最後にまだやり足りない方は、仕上げに市販の問題を解くと良いかもしれません。

その場合は学校照準の問題集を解きます。

学校で習った順に出てくるので、そのとおりにやっていきましょう。

更に学習するのにおすすめなテキスト

まとめ

  • 学校で習った単語は毎日覚える
  • 教科書は毎日音読をする
  • 学校で使うワークは自学ノートに繰り返す!

英語は言葉なので語彙を増やせばできる事も増えてきます。

1日5個覚えるとか目標を持ってまずはやってみてくださいね😆

ポリ子

Hard work always pays off!

(努力は実る!)

最後まで読んで頂きありがとうございました。

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる